読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片付け日記

部屋の片付け

明日がある

片付けについて

Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.

明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学べ。

ガンジー

 

確率的に考えると私が明日死ぬ可能性は限りなく0%に近い。

「ありえない」と言っても言い過ぎではない。

絶対に無いかといえばそうでもない。

事故死、他殺、病死。。。

などが考えられないことも無いがほぼありえない。

 戦争、大規模災害、重大な病気等により確率は急上昇したりする。

 

100歳までに死ぬ確率はどのくらいだろうか。

たぶん100%に限りなく近い。

 

もし100歳まで生きたとして、100歳の誕生日に死ぬ確率はどうか。

365分の1よりは高いと思うが、よくわからん。

「誕生日に死ねるかコンチクショー!」と気合で数日生き延びるかもしれない。

 

私が永遠に生きる可能性は0%といいきれる。

私には明日がある、来年もある、しかし来世紀は無い。

このくらいにしとけば現実的か。

 

といった確率論的なこと伝えたかったわけでは無いだろう、ガンジーさんが伝えたかったのはそういうことではないだろう。

 

 もし明日で終わりだとしても、今日は片付ける。

 

--------------- ---------------

実際どのくらいだろう。調べてみた。

平均余命表

この表見ると思ってたより長生きだなと思った。 

生まれてから100歳まで生きる確率は1.21%、100人生まれて1人が100歳まで生きる。もっとレアケースだと思ってた。

 

私は44歳なので平均余命は35.68年、今年死ぬ確率はおよそ0.2%。

0.2%てどんなもん?宝くじと比べてみよう。

 

今月発売のグリーンジャンボ宝くじで、

200枚買って2等(1千万円)以上の当選券が少なくとも1枚ある確率はおよそ0.2%。

宝くじを200枚も買うことはないけど。2、3枚買えば十分だ。夢を買うには。

そもそも宝くじは期待値悪すぎか。